イボコロリについて

イボの市販薬としてはよく知られているイボコロリは、イボに思い悩んでいる人は使用してみたいと思ったことがあるはず。

でも商品について理解しないと「顔に使用して正解なの?」「いかなるタイプのイボにも効き目があるの?」など、不安になることは出てくるでしょう。 そういう訳で、この記事ではイボコロリについての説明、クチコミ評価や正しい使い方というものをまとめました。

イボコロリを適正に使うためにも、ぜひこの記事で疑問を解消していってくださいね!

 

イボコロリってどんな薬?

イボコロリは横山製薬が提供しているイボをとるための第2類医薬品です。商品価格は600円~700円位とお手頃価格で、試しやすいのも魅力です。 液体タイプと絆創膏タイプの2種類が有名ですが、2012年から内服錠も売られています。

内服錠は液体、絆創膏タイプと主成分が違い、患部への作用も異なってきます。

 

絆創膏タイプと液体タイプのイボコロリの成分は何?

イボコロリの主成分についてはサリチル酸という薬剤が含有されています。サリチル酸は角質軟化溶解作用薬剤成分という皮膚の角質を柔和くする作用があり、イボというような固くなった患部を腐食させて柔らかくします。

 

サリチル酸でイボがとれるメカニズム

サリチル酸によって柔らかくなった皮膚下では、新たな皮膚を再生しようと細胞分裂が活発化されます。 新しい皮膚が下から次々にイボを押し上げていき、結果としてイボが皮膚からとれるというメカニズムです。

 

使用できる部位は足や手の指など

サリチル酸はかなり強い成分で、イボだけに限らず健康な皮膚にも影響を及ぼします。イボ周辺の健康な皮膚に付くと、それも軟化するので皮膚を傷つける可能性があります。

特に粘膜や、顔といった皮膚が薄くて弱い部分に対しての使用はいけません。肌トラブルや色素沈着を生じさせるかもしれないので、顔や首などへの使用はぜったいやめるべきです。

また狭い範囲に群生しているイボにも使うことができません。1つだけできた固いイボのみに適用となると覚えておきましょう。

 

顔・首イボに使うならヨクイニン!!

首や顔、胸元などの皮膚の柔らかな部位のイボには、イボコロリなどに配合されている成分「サリチル酸」ではなく、ハトムギの種から抽出された『ヨクイニン』という成分を配合したものがおすすめです。

ハトムギの皮を剥いた種子を薏苡仁(よくいにん)と呼んで薬用に用いられ、いぼ取りの効果、利尿作用、抗腫瘍作用などがあるとされる。漢方では薏苡仁湯などに使われる。引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/

ヨクイニンには皮膚の新陳代謝を促進させたり、新しい細胞の生成を助ける働きがあります。

子供にも使用できる成分で刺激もなく、イボコロリでは治療できない老人性イボに使えるところもメリットです。

 

おすすめ!ヨクイニン主成分の『首イボに効果あり』の専用クリーム ↓↓

こちらをタップ⇒【首イボに『すごくいい』と評判のクリームランキング!】へ

 

 

ウイルス性イボに効き目アリ?

これはウイルス性のイボに効き目があると評判です。 ほとんどの場合イボコロリが効果的に働くのは、 尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)足底疣贅(そくていゆうぜい)扁平疣贅(へんぺいゆうぜい)といったもの、ウィルス性のイボになります。

 

イボコロリの主成分はサリチル酸

イボコロリの主成分は、サリチル酸という成分です。サリチル酸は皮膚を柔らかくします。 その柔らかくなった部分の皮膚は、新しく再生して細胞分裂していきます。

この細胞分裂によって、今までのイボが押し上げられて、結果として皮膚からコロリととれるというのがイボコロリのメカニズムです。 サリチル酸は強い成分ですので、イボではない良好な皮膚に付着すると、軟化して皮膚に傷がついてしまいます。

 

老人性イボにはあわない?

これらに対し、老人性疣贅という紫外線や加齢と共にできるイボがあります。 加齢イボとも言われていますが、加齢・老化に伴ってできた首のイボは老人性イボです。

老人性イボには、イボコロリの絆創膏タイプや液体タイプは合いませんので、使わないでください。

 

イボコロリの種類と使用する方法

イボコロリには液体タイプの物と、貼るタイプの物と大きくわけて2種類あります。両方使用する方法も違いますし、場所や用途により使い分けみても良いです。

液体タイプの使用方法

塗る液体タイプのイボコロリを、有効に使う方法をご提案します。

1:棒の先に薬液をつけて、患部に塗布するキャップ付属の棒の先に薬液をつけて、患部に徐々に塗布してください。この時に、お風呂上りや蒸しタオルなどにて温めてそれなりに皮膚を柔らかくしてから使えば、より効果があります。

2:薬液が乾ききって白い被膜が起こる薬液はすぐに乾いて白い被膜になり、サリチル酸が普及していきます。薬液が乾いたあとは、そのまま入浴や水仕事をしてもOKです。次に塗布するときに、白い被膜を剥がします。サリチル酸の効果で剥がしやすくはなってますが、無理なケースではその上から重ねて塗布しましょう。これを3~4日間塗布を続けると、患部が少しずつ白くなっていきます。

3:患部を白い被膜と共にピンセット等で取り除く白く軟化して剥がれた患部を、白い被膜と共にピンセットなどで取り除きます。患部をお湯につけた状態の下で行うと、さらに除去しやすくなります。この際、痛む場合は無理に取り除かないでください 患部が無駄なく取れるまで、1~3を繰り返してください。イボが取れた後、皮膚はごく自然に再生されていきます。

 

貼るタイプの使用する方法

 

貼るタイプのイボコロリを、効率的に使う方法をご案内します。

1:患部を清潔にして、乾させるイボの部分を綺麗にして、よく乾燥させます。入浴後、よく拭くとさらに効果が期待できます。

2:剥離紙から剥がし、薬剤を患部中心にあてる。イボコロリを剥離紙から剥きとって、薬剤の部分を患部中心にあてます。ズレ無いようにしっかり密着させて、2~3日貼り続けます。 薬剤の部分からサリチル酸が浸透し、患部が白く変化してきます。もしも、薬剤部が患部からズレたり、絆創膏が剥がれた場合は貼り替えましょう。絆創膏が濡れたときは、水分をよくふき取ると剥がれにくいです。

3:白く軟化したら、ピンセットなどで取り除く。白く軟化した患部を、ピンセット等で排除してください。この際、お湯につけて皮膚を柔らかくしておくと取れやすくなりますが、痛むときは皮膚を傷めてしまうので無理に取り除かないでください。

4:イボが確実に取れるまで1~3を繰り返す。イボが完全に取れるまで1~3を繰り返しましょう。イボが取れた後には、自然に皮膚が再生されていきます。

 

イボコロリ内服錠の使用方法は?

イボコロリ内服錠は白くて丸い錠剤。朝・昼・夜の1日3回、食前や食間に6錠ずつの合計18錠飲むだけでイボに効果がある第3医薬品です。医薬品の分類方法は、実際には使った時の副作用などリスクの観点から分類されています。

第3医薬品に分類されているイボコロリ内服錠は生薬由来のものですので、そこ迄の注意を要することなく飲めるので安全。ドラッグストアでも薬剤師の対面や説明なしで、気軽に買うことができるので一役買います。ヨクイニン自体の味は無味無臭に近いので、ニオイや味が気になる人も安心して試すことができますよ。

 

イボコロリが使用できる種類のイボをきちんと確認して、適正な使用方法を!

イボコロリを使用する上で大事なことは次の4つです。 自分自身のイボがイボコロリが使用できるものかどうかチェックする患部の他には使用しない一般的な使用目的から外れた使いみちはしない使用上の注意をよく読み、正当な用法、用量を守る これらを押さえて使うのであれば、イボコロリは手っ取り早くとても有効な医薬品です。

また普段のライフスタイルも見直しながら、体の内側からもイボをとる手伝いをしてあげましょう。イボの再発、予防にもなります。ヨクイニンを積極的にとってあげると効果もアップするのでハトムギ茶などがおすすめです。

そして、老人性のイボをケアしたい方は『クリアポロン』でケアしてみるのもおすすめですよ!

クリアポロンを購入した際の体験談はこちらをタップ(クリック)→『クリアポロンの口コミ

 

イボコロリは首イボに使用しても問題ない?

イボコロリは、ご自宅で気軽にできるイボ治療薬として知られています。古くから使われているお薬です。 昔から使われているということは、適正な使用法を守れば効果があり、副作用の不安も少ないというメリットがあります。そんなイボコロリですが、首イボには効き目があると言えるのか。

正解からいいますと、イボコロリの商品には首イボに使えるものと使えないものがあります。 イボは全身にできることもありますが、その中でも顔や首や胸元は皮膚が柔らかい部分です。 柔らかい皮膚に応じたイボ治療薬を、使用することが必要です。イボコロリには、「内服薬・絆創膏・塗り薬」と3種類あります。

また、イボにもタイプがあります。すべてのタイプのイボにきくわけではありませんので、自分自身の良くしたいイボのタイプを知ることも重要です。

 

首イボに合わないイボコロリ

首いぼに使うことができないイボコロリは、絆創膏タイプや液体タイプのイボコロリです。首や顔回りとは違う皮膚の厚い部分に適しています。 首イボに良いとは言えない理由としては、カラダに皮膚には厚い所と薄い所があります。 皮膚が厚い、たとえば、足裏のような部分のイボを良くするためには、厚い皮膚に効果が出るだけの強い治療薬が効果を発揮します。

その一方、首などの顔周りのような皮膚の薄いところに強いイボ治療薬を用いてしましますと刺激が強すぎてしまうのです。

 

絆創膏タイプ

イボコロリときいて一番たくさんの方が、思い浮かべるのがこの「絆創膏タイプ」かもしれません。 絆創膏タイプは、まずお肌がある程度乾燥した状態でないとうまく貼れませんので、患部を乾かしてから貼るのがポイントです。

ずれると患部に作用しないばかりじゃなく、健康な皮膚が傷ついてしまいます。皮膚が濡れていない状態のもとで貼りつけましょう。 絆創膏はSからLのサイズ別にわかれていて、そのほかに好きな大きさに切って使用可能なフリーサイズがあります。

毎回カットするのが面倒なときには、サイズ別の中から一番あったものを選択して下さい。 合間に剥がれてしまった時はには、張りなおすことが必要です。スポーツであるとか比較的激しい動きを予定している日には持ち歩いて貼り直しのことを考慮しておくといいですね。 ただ、首といった柔らかいところは使用禁止です。

 

塗り薬タイプ

液体タイプは、付属のキャップで1滴ずつ塗れます。イボが多くて全部に絆創膏タイプを付けるのが大変な場合に効果的です。 塗った後、乾くまでの時間が気がかりですが、すぐに乾きますので多忙な方やすぐに動いてしまうこどもさんにも都合がいい商品です。

ただ、皮膚を柔らかくする強い成分ですので、液体そのものが目に入らないように注意ください。 6ミリタイプと10ミリタイプがあります。

初めて扱うケースでは使い勝手や効果を確かめたい方も多いと思います。 そんな方には、始めのころは小さい6ミリタイプが一押しです。 液体タイプも絆創膏と同じく、首・顔には使用禁止と公式サイトに記載されています。 安全性に着目しましょう。

 

首イボにオススメのイボコロリ

イボコロリは、実のところ症状に合わせて何種類も市販されています。 そして、2012年から新しく販売されたのが内服錠のタイプです。イボコロリは絆創膏タイプと液体タイプが知られていますので、内服錠タイプは知らないかたもいらっしゃるかもしれません。

 

内服薬タイプ

内服薬は錠剤で市販されています。 錠剤タイプは携帯もしやすいですし、水があればどこでも服用できます。内服錠は180錠入りです。 カラダへの負担も少ないため、5歳から服用することができます。 15歳以上の場合は1回が6錠ずつで、1日3回服用します。服用するタイミングとしては、食後または食前ですので、食事とともに服用することを日々の習慣にしてしまえば楽に続けられます。

この内服錠タイプが首イボの治療には適しています。 内服錠ですので、いまでは何らかのお薬を服用されている方や妊娠中の方、薬に対するアレルギーのある方は、自己判断せずに医師や薬剤師にご相談ください。

 

錠剤タイプのイボコロリは首イボに効果アリ

内服錠は水さえあればどこでも服用できますので、続けていくことはあまり難しくありません。 そしてカラダの内側から整えていくものなので、なによりも気になっている首だけでなく腕や顔などあらゆる場所のイボに一定の効き目があるのがうれしいところ。

内服錠は直接患部に張ったり、塗ったりする絆創膏タイプや液体タイプに比べ、カラダの内側からイボを解消させるものですので、効果がでるには時間を要すると思います。 時間をかけずに首イボ解消の効果を実感したい方には、イボコロリはオススメできません。

 

イボコロリは首イボのケアとは違う

一般的に考えて、イボコロリはそのネーミングからすべてのイボに効果があるだろうと感じてる人も多いかもしれないのですが、塗り薬や絆創膏タイプのイボコロリは、顔や首イボには使うことができません。

サリチル酸やエタノール、コロジオンといった成分は、足の裏にできる角質が厚くなってできるイボには大変効果がありますが、首は皮膚が薄く非常にデリケートですから、使えば火傷のような痕が残ってしまうかも知れませんから、使用しないようにしましょう。

内服薬タイプは、首イボに効き目がありますが、効果を感じ取ることができるまでは時間を必要とするというデメリットがあります。 そういった時には、ヨクイニンが主成分の専用クリームがおすすめです。。

特に、首にできたイボは、年寄りイボともいわれるイボで、老けて見える原因にもなってしまいますから、首イボにも使用できる薬や化粧品は大変有効です。

 

ヨクイニンが主成分!首イボに効果ありの専用クリーム ↓↓

こちらをタップ⇒【首イボに『すごくいい』と評判のクリームランキング!】へ