首イボに効果的な薬について!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

首のイボに効果的な薬についていろいろお調べですか?

「首イボ」に効果がある薬には、内部からイボを消し去っていくための内服薬タイプのものと、物理的にイボをはがす軟膏タイプの2種類があるんですよ。

それでは詳しく解説していきますね。

 

内服薬での「首イボ」治療

薬を服薬するケースだと、皮膚が作られる最下層「基底層」の状況を整えて、角質層へ正常に排出されるまでターンオーバーを後押しして深層からお肌ごと整える原理でイボを消していきます。

想像以上に長期戦で常に行うものですが、ターンオーバーを適正にすることで「首イボ」だけではなくニキビやシミ・シワなどの肌荒れを総合的に治していくことが出来ます。

効果には個人差が見られ、人によってはかなりの長期戦になってしまうことがありますが、このやり方なら再発があまり無くなります。

薬と同時に、「首イボ」除去に効果の高い化粧品が多く作られているので、合わせて使うと更に早く治療することが可能です。

 

軟膏での「首イボ」治療

軟膏を利用して除去するケースでは、古くなった角質粒にピーリング効果のある薬を塗ってポロポロとはがしていくタイプのものがあります。

ピーリングをするタイミングで、古くなった角質層が頬からポロポロと気持ちよくとれるあの現象を「首イボ」に対しするのです。

再発防止のためにピーリング後は絶対条件として保湿ケアをやりましょう。

これらの薬と同時に、「首イボ」除去に効果のある化粧品が多く開発されているので合わせて使うと更に早く治療することが可能です。

 

成分によって異なる治療薬の種類

「首イボ」治療の薬といってもその数というと色々あります。

薬とひと言で言っても、厚生労働省が認可した怪我・病気の治療を意図する「医薬品」から、症状の緩和や予防を目的として厚生労働省が認可した成分が一定の量で使われている「医薬部外品」、または美容のために開発された効果がとても穏やかな「化粧品」と分かれます。

医薬品を利用する場合は、一度皮膚科医に相談してから指示を仰いだ方が安全面としては安心です。

相談によっては受診時に処方して頂けます。 医薬部外品または化粧品の場合に重要だと考えるのは、自分自身の再生・維持能力です。

自分の回復力を助けながらの「首イボ」除去であるので、イボの状態と体調によりかなりの長期的治療をしないといけないのですが、副作用も少なくカラダに負担の少ない治療を行う事が可能です。

全体が間接である首はとにかくイボができやすく、可能ならば早急に多くの軟膏を使って除去してしまいたいところですが、首の皮膚はとても薄くナイーブなのでくれぐれも無理は避けるべきです。

多彩な薬が開発されていますが「首イボ」の状態とご自分のペースにあった治療薬に決定するのがベストです。

 

首イボに効果ありの「ヨクイニン」

「首イボ」に効果があると聞くと必ず耳にするのが「ヨクイニン」というネーミングです。呼び方だけ聞くと医薬品という感じがしますが、その正体は「ハトムギ」というものになります。

「ヨクイニン」という名前はハトムギの生薬の呼び名で元々はハトムギという名前は明治時代に入ってからいわれるようになった呼び名です。鳩がおいしそうに食べるから「ハトムギ」というようになりました。

なので成分表に「ヨクイニン」と表記されていない際、「ハトムギ」と表記されていればヨクイニンと同じ効果がもらえると考えて問題ないです。

「ヨクイニン」の中には「首イボ」だけに限らず皮膚の異常に対して適正な成分が凝縮されています。

新陳代謝を促し、細胞を生成・維持することに必要なビタミンとミネラルが豊富に入っているため古来から薬草として愛用されてきた心強い植物エキスです。

皮膚科から処方される薬もほとんどはこの「ヨクイニン」内服薬が多いです。

「首イボ」を治したい人には要チェックですので、化粧品を買う際は「ヨクイニン」が含有されているものをおススメします。

上記の成分を参考にしながら、「首イボ」治療に効果的な薬・化粧品を口コミと一緒にご紹介します。

 

クリック(タップ)⇒首イボに『すごくいい』と評判のクリームランキング

 

薬局で買える首イボの市販薬について

首イボの薬は皮膚科に通わなくてもドラッグストアでも手に入ります。

上記で説明しましたが、首イボの薬と言っても外部から首イボを除去する「軟膏タイプ」の薬と、体の内部からアプローチする「内服薬」の2種類の薬があります。

薬局で手に入る軟膏タイプの首イボの薬 首イボは、蓄積された古い角質が突起した角質粒になりますので、「ピーリング効果」の高い塗り薬をつけてあげることでイボを取り除くことができます。

ピーリングを行ったことがある人でしたら理解していると思いますが、古い角質がポロポロと剥がれ落ちるあの間隔で首イボを剥がしていきます。

すぐに取れるとなるのは無理ですが、何回も繰り返し塗布することで自然と首イボがポロっとめくれ落ちています。

しかし、首イボは再発しやすくなってしまうため、首イボ除去後はしっかりとスキンケア対策をしてこだわった保湿ケアをやるようにするといいでしょう。

市販薬の軟膏を使用して首イボ除去を行う場合は、保湿効果抜群で肌の新陳代謝を良くし、ターンオーバーを促進させてくれる効果のあるイボ予防にも効果的なオールインワンジェルを活用することをおすすめします。

首イボ除去後は再発の確率が非常に高いので、こういったイボに効果的な成分「ヨクイニン」が配合されたイボ専用化粧品の使用によって首イボの再発を防ぐ事が出来ます。

薬局で手に入る内服タイプの首イボの薬 首イボを内服薬で除去することも可能で、このケースでは肌内部から直接首イボにアプローチしていくかたちとなっています。

皮膚の最深部である真皮層に影響してお肌のターンオーバーを促すことで、お肌の生まれ変わりを促していきます。

なので、首イボだけではなく「シミ・シワ・たるみ・ニキビ」等の肌の荒れにも効果的で、トータルで肌に対する問題を解消することが出来ます。

ただし、内服療法については効果の表れ方には個人差があり、長期戦になることが多いためそれなりの覚悟が必要です。

その代わり、ターンオーバーの正常化に結び付きますので、首イボの再発予防にも効果を見せてくれます。

 

首イボの治療薬の種類はどれを選ぶべき?

首イボに効果的な治療薬と言っても種類は1つだけではありません。

まず薬には「処方薬」と「市販薬」があります。処方薬は皮膚科等の病院で処方箋が要求される薬で、市販薬はドラッグストア等の薬局で誰でも簡単に手に入れることができる薬になります。

ちなみにネット通販等でも気軽に入手できるのは「第3類医薬品」の薬になります。

医薬部外品に対しては、誰でも簡単にネット通販でも手に入れることができます。 そして、これら市販薬ほどの効果には期待できませんが、イボ取り効果があり副作用のリスクが全然無い「化粧品」があります。

基本的にドラッグストアで医薬品を手に入れるときには、薬剤師に症状を説明してその薬の効果効能や使い方、副作用のリスク等の説明を受けることが必要です。

医薬部外品や化粧品の場合は副作用のリスクが低くなりますので、薬剤師等の説明は不要になります。

医薬品に主張できることは効果が高い分副作用のリスクが大きくなると言うことです。

ただし、医薬品の中でも第3類医薬品というのは副作用の心配をする必要はあまりありません。

注意すべきは第1類医薬品や第2類医薬品になります。 医薬部外品や化粧品に言えることは、効果が低い分継続する必要があると言うことです。

代わりに副作用のリスクが無いので信頼して安全に首イボを取り除くことが出来ます。

首イボは見た目が悪く老けて見えますので早く取ってしまいたいと言う気持ちは理解できますが、安全面で言いますと医薬部外品のものや化粧品を選ぶべきではないでしょうか?

特に首回りの皮膚は柔らかくデリケートとなるので、市販薬の軟膏を塗って肌トラブル等起こしてしまう心配もあるので注意が必要になります。

女性は敏感肌や乾燥肌で悩まれている人も多いと思いますので、余計に肌荒れが心配になりますね!

早く首イボを取りたいからと言って、ばたばたするのは良くないと思います。

時間は必要ですが、首イボができて間もない小さなケースでは、無理せずイボ取り効果の高い「ヨクイニン」を配合したイボ専用化粧品で、スキンケアしながらゆっくり除去する方が安全だということです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。