首のイボはうつるの?感染させないために覚えておきたい種類と予防

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

首のイボは微妙に広範囲に広がるケースがあります。 若い時にはあまり気になることがない首のイボは、年齢とともに増えることがほとんどですよね。

この首のイボはうつるものなのか、懸念する方も多いはず。

また家族や恋人など、『身近に首イボができている人がいる』『銭湯やプールで感染るかも知れない不安』といった 首イボが感染する心配をしている人は、自分ができているのではなく「うつされたくない人」ではないでしょうか。

イボの種類について知識がないために、イボは感染るものだと信じ込んでいるのではないでしょうか。

 

イボには「うつるイボ」と「うつらないイボ」がある!!

そこで早速ですけれども気になる首のイボの種類と予防対策を見ていきましょう。

 

加齢からくる首のイボ

首のイボはうつるタイプとうつらないものがあります。

一番多い首イボのタイプが加齢が原因でできる「老人性疣贅」といったもので、スキンタッグともいわれることがあります。

この首のイボは良性腫瘍なので体に害を加える悪いものでなく、うつるリスクもありません。

加齢と共に皆さんのお肌の細胞は働きが減少し、古い角質層が良くはがれず表面に残ってしまうことが増します。

するとお肌のくすみ原因や、皮脂の分泌がアンバランスになるなど様々な栄養をおよぼしてしまいます。

加齢が原因のイボは皮膚が薄いあたりにできることが特徴で、特に首というのはその中でも多い場所の一つ。

顔や腕、背中、手の甲にもできることもあります。 お肌は老化すると皮脂腺の働きも安定しなくなりますので、角質層と脂肪が固まってしまうイボもあり、30代以降になると少しずつイボの数も増えてしまいます。

 

感染の恐れがあるウイルス性のイボ

首のイボでうつる事が有り得るものがウイルス性のタイプ。 「尋常性疣贅」といったイボは、皮膚の表面の傷からヒトパローマウイルスと呼ばれる菌が侵入して突起状のイボが生じてしまいます。

指で触るとさらにイボが大きくなり症状がひどくなったり、他の人にもウイルスがうつってしまうケースもあります。

これほどの危険なイボは自分でチェックすることができませんので、急にできたイボや痛みを伴うなど不快な症状がある場合は医療機関で診察することが大切です。

 

首のイボの予防対策方法

ウイルス性の首のイボはうつることも想定されますが、通常は加齢によるケースが多く自分でケアすることが可能です。

はじめは一つだけだった首イボが気が付くと首全体や胸まで広がっていることがありますよね。

そうなる前に試したいのが首イボの予防対策。 首イボは乾燥がちな肌の方にできやすいと言えますので、普段からの保湿ケアを意識しましょう。

顔のスキンケアはこまめにしても、首のお手入れはついつい忘れがちになりますよね。

首イボケアのクリームを使い、日頃からマッサージをすることや、低刺激のクリームを使って行う首イボの予防ケアを推奨します。

またお肌が外部から刺激を受けると皮脂の分泌が活発に陥ることが多くなります。

皮脂が固まりイボになるの可能性もありますので、紫外線を浴びないように日焼け止めを使う事や、剃刀でお肌を傷つけないなど日頃からデリケートなお手入れに気を配ると良いでしょう。

もちろんお肌を清潔にすることは、雑菌予防にも大切。 首はシワやたるみができやすい所なので、丁寧にきちんと洗いましょう。

首のイボはうつるタイプもあり得ますから、心配なときは皮膚科で相談してください。

また日常の肌のお手入れは健康なお肌環境つくりにも重要ですから予防対策も心がけて下さいね。

 

首のイボをきれいに取るには?

気になったあなたにオススメのページ↓↓↓

クリック(タップ)⇒『首イボの正しい取り方』のページへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。